読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a Meteorite mini

ただの日記

かくして雨は降り止まぬ

メルスト

http://app.famitsu.com/20150219_494536/
ここの記事を読んで、タイムリーな記事だったので新宿まで行って置いてあれば買ってこようぐらいのノリで出掛けたんですが、普通に置いてあったので買ってしまいました。いつも素通りしていた本屋さんだったのだけど、コクーンタワーの地下にあるせいか美術書が多くて楽しい本屋でした。

内容物はユニット画集、ストーリー画集(+ラフ画とかインタビュー)、サウンドトラック。ユニット画集は1ページ1キャラというかなり豪勢な構成。ただフレーバーテキストぐらいは欲しかった気もする…。今のスマホゲームってイラストがかなり縮小されるのでどこくらいの精度なのか、とか色相の使い方が細かいとこまで見れてかなり満足しました。
ストーリー画集はテキストが主。紙質が違うのがちょっと気になりましたが…。
サウンドトラックは実際聞いてみるとアプリ版よりしっかり音質もあるしで良いですね。あと音楽は元カプコンのメンバーだったのね…あまり聞けない音楽も聞けて楽しいです。
https://instagram.com/p/zrscvCksKA/
流石にもう売り切れてるだろうな…と思ったのだけれど置いてありました

アインへルナ

休みを取っても寝るかお酒しか飲んでない日々。なんだこれ…。

 

GE2RB、ちまちま進めてますがボリュームがあるのか、長いだけなのかはよく分かりません。サバイバルミッションでアラガミの投入数が増えており乱戦にさせないのが肝要なのかな。あと分断してもCPUが勝手に集合してしまうので、まだ粗いところが残ってる感はややあります。

 

Tokyo7thシスターズをやり始めましたが順風なストーリーしかないのでもうちょい意外性が欲しい…

変な名前が多いからそこは好き。あとなんか幼女が多い気がします。

GE2RB

ゴッドイーター2レイジバーストを買いました。
新武器、ハウリングスパイクじゃなかったヴァリアントサイスを振り回しております。
今までの武器と違って中距離をキープするのが強い武器なので、なかなかに新鮮。空中△攻撃は高さもあって、割と使いやすいのではないでしょうか。反面振りが遅いので、ある程度相手を見据えた動きが必要になると思います。

RBのキモ、ブラッドレイジは演出がかっこいいですね。
ただし、発動させるのは結構ムズカシイ…。
まずはストーリーをボチボチ進めています。

アメリカンスナイパー

最近映画の話しかしないブログになってきました。
いいのか?まあ、いいか…。

微妙にネタバレです。

『アメリカンスナイパー』を見てきました。
今この題材でやるのか!大丈夫かクリント・イーストウッド!て感じなのですが、何度目だイラク戦争。調べてみるとどうもこの主人公だったクリス・カイルが2013年に亡くなったのが、契機になってる気もするんですが…。父親たちの星条旗硫黄島からの手紙とかインヴィクタスの時も思ったけど、この人実話を感動巨編に加工するの巧すぎる。

話は結構単純なんですけど意外とドラマ部分が少ない。半分以上は銃撃戦シーンなんじゃないかっってぐらいに…CoD4か…!みたいな。で、色んな映画批評だと「いろんな立場から云々」って書いてあったんだけど結構アメリカ寄りの話だったなあと。主人公のポリシーがそうなんですが、戦争の向こう側にいて味方を傷つけるのはみんな敵だし、という。

でも実はもうイラク戦争じゃなくて世界的にはロシア・ウクライナとシリアの内戦、EUの崩壊に世の中の目は向いている。アメリカンスナイパーはもうどこにもいないんですよ。だからアメリカはまだあのイラク戦争を引きずってるんですよ。まだ俺たちの戦争は終わっちゃいねえ!何も!みたいな映画だったのかもしれません。911から14年が経っていますが、人間はどこに向かうべきなんでしょうかね。というのを考えさせられました。

(追記)
ちょっと考えましたが、これアメリカが今抱え込んでいる問題のような気がします。
テロには屈しない、だが僕らの父さんは戦争に行った。帰ってきたものもいるが、帰らないものもいる。帰ってきても心は、まだあの戦場に囚われたままだ。兵士の自殺率も増えた。社会は平和維持を謳っている。
…また紛争がはじまる。

ケイゾクするには

習慣付けが大事なのでは…。てなもんや三度笠、いつもどおりの映画感想でございます。

■ゴーン・ガール

弟に勧められて見に行ったんですが、これがすごい。R15指定なので結構ラスト辺りは際どい描写が多いんですが…。題材も結構黒いんですけど、サスペンスとしてはかなり面白かった。何を言ってもネタバレになっちゃうんですが、とある田舎の夫婦に徐々に異変が起こっていって…遂に妻が失踪してしまう。それが実は夫が引き起こしたことだったのか…?というストーリーなんですが中盤までは見てる方も完璧に騙されてしまった…

 

■劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ DC

題名長いな…。アルペジオはTVシリーズの出航前まで見てその後全然見てなかったんですが、なんとなくキャラがわかってれば大丈夫だったので楽しめました。劇場版のほうがテンポ良くて良かったような気もする。デザイナーズチャイルド辺りがかなり駆け足でしたが…。風紀委員が出てくるところから新規シーンだと思うのですが、ビジュアルよりもレーダーにトキメイちゃうのは何ででしょうかね…。

この青い方の高尾さんちょろすぎないですか?

 

■ビッグ・アイズ

正直、話の内容は三行で説明できそうな話なんですが、そこをいかにドラマチックにかつ映画にするか?というのは流石ティム・バートンだなあと思いました。あらすじだとマジでしょーもない話なんですけど…。作品を作るのも人間だけど、結局一番かわいそうだったのはビックアイズの子供たちなんだろうな…という意味で趣味ですけど絵を描く人間としては思わずにはいられませんでした。

思い出は未来の中に

「で、どうでした最終回…最終回か?」 「走りだせなかった…いや走りだしたな。思いっきり逆方向に」 「まあいいでしょう…で?」 「いいのかよ。やっぱり1話の話の持って行き方がどうもね…。そもそも1話でも触れてたけど既に動機を逸した状態で彼女たちが進む条件ってなに?と思ったところで『雨止めー!』ですからね。おまえは何を言っているんだと。正直、合宿回を削って3話かけてそこら辺きっちり描いてくれたほうがよかったかな…と思わなくもないが…いや…」

 

というのをだいぶ昔に下書きで残していたんですが

BD最終巻「そして最後のページには」にはグッとさせられてしまいました。

うーん上手いなあ。それをアニメでやって欲しかったんですけど、ビジネスとして考えると難しいとこなんでしょうね…。

あけおめ

明けましておめでとうございます。

去年お世話になった方々、ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

 

 年末に『ベイマックス』を見てきました。面白かったです!ただ、字幕の最後に小ネタを入れてくるのがMARVELっぽいなあ…と思ってたら本当に原作がMARVELでした。ディズニーが買収していたなんて露知らず…。CMだともっとヒューマンドラマ寄りの話かなと思ってたので予備知識がない方が楽しめたと思います。

 

あと『ベルリン・天使の詩』を見ました。寓話的な話ですので好き嫌いが別れると思います。知ってたのですが、前半と後半の演出の切り替わりがすごい劇的で、よかったです。やっぱり童歌モチーフいいですよね。個人的には『星の王子さま』を彷彿とさせました。ポツダム広場のシーンが結構好きです。

 

ショーシャンクの空に』を見ました。年末見た後に年始にBS2でやってたのですが2回も見ちゃったことに…。2回見ると細かい演出にも注目できて面白いです。個人的な見解ですが壁のポスターは結構前に出来てて、所長が凶行に及ばなければ彼は出て行かなかったのかな…とも思いました。面白いのでぜひ。